2014年と2015年

早いもので本日で仕事納めとなります。と言いつつも、フリーランスというのはプライベートとお仕事を区別しにくいものです。ですので、どうしても少しの時間を見つけるとPCに向かって座ってしまったり、積み上げられた書籍(積ん読)を消化しようと手にとってしまいがちです。そう考えると、あまり仕事納めとか関係ないのかもしれませんね。

2014年は

2014年は僕がフリーランスになって仕事をするようになって2年目にあたる年になります。初年はうだつが上がりませんでしたね、成果もいまいち。しかし本年は1年目よりも格段に多く売上を上げることができました。

フリーランスというのは、お仕事をさせていただく中で本当に日々勉強させてもらうことが多いと常日頃思います。お金を得て成果物を納める仕事ではありますが、その中で自分自身のために、または自分のビジネスのためになるようなアドバイスや気付きをクライアントから頂くことが多くあります。また、それを強く感じられる一年でもありました。

その背景には個人的に考えたり悩んだりしていることが、結果として良い方向に光が見出せたというか、毎日目の前に飛び込んでくる課題に対して試行錯誤を繰り返すことによって進歩があるのだと思います。

今年一年は「悩んだり考えたりすることもたくさんありましたが、明るい光を少しは見られる一年」だったと感じています。

2015年は

来年はフリーランス3年目に突入します。そして、私事ではありますが、子供も保育所に入り嫁も職場復帰します。そういった中で仕事ばかりではなく家事・育児にも忙しくなる一年になるのかなと予想しています。

2014年は多くのWebサービスの立ち上げやリニューアルのお手伝いをさせていただくことができました。その中でたくさんのことを勉強させていただきました。そこで勉強させていただいたことの一つとして「運用フェーズへのコミットの仕方」があります。

ホームページを制作させていただくことも多かった一年ですが、やはりホームページって作ってからが本番というか一番大事なんですね。受験でも就職活動でも同じような感じですよね。受かるまで・入るまでが大事なのではなくて、それよりも受かった後・入った後が大事です。(当然、受からなかったり入れなかったりしてもスタートラインにつけないので、そこまでも当然大切なのですが)そういった運用フェーズの大切さをもっと伝えていくべきだなと強く感じました。

最近は、リーン方式ではないですが、ホームページもブログメディアも日々改善していく必要があります。その中で、都度発注されていたり、都度見積もりを作って対応していたりするとそれ自体は大切なことなのですが、どうしてもスピードに欠けてきます。クライアント予算の問題もあるのですが、複数月単位の契約などの形態を取っていただけるとそういった問題を解決できるようになります(契約内容によりますが)。来年はそういった関係構築を念頭においたサービスや提案を積極的に行っていこうと考えています。

価格帯・費用感のわかりやすさ

こんな記事を過去に書いておいてお恥ずかしい限りなのですが、当サイトをリニューアルした後は価格表を見ていただけるようになっておりませんでした。やはりそれはいかんですね。

当方に発注を考えてらっしゃる方でも、今までのクライアント様でも、現時点での価格表をある程度明示することによって、コスト感もはっきりとされるでしょうし、なにはともあれ明示することによって色々なトラブルを避けることができます。

ですので、現在ページの制作を進めているのですが、はっきりとした価格表を明示するべきだと今一度思いました。新年には、新しい価格表とともにパッケージサービスなどを含めたサービスのリリースも行っていければと思います。

まとめ

本当に色々と勉強させていただける一年でした。来年はもっともっと目標に向かって加速していこうと思います。

本年は大変お世話になりました。来年もどうぞ宜しくお願い致します。