家庭用slackを構築するにあたって搭載したい機能を考えてみる

やっと最近slackの使い方が上辺だけわかってきた段階ではありますが、いろいろなサービスと連携させて通知などを一箇所に集めることができるというのはとても魅力的です。

それはビジネスだけに利用するのはもったいないなと前から思っていてお一人様slackを作ってみたりはしていたのですが、嫁様と使う家庭用slackがあっても良いかなと考えるようになりました。

きっかけというのは、昨日拝見したこちらの記事なのですが、ここまでのことは正直できません。Hubotとか絶対に触れる気がしませんから。

ですが、IFTTTMyThingを利用するくらいならいけそうな気がしています。IFTTTに関しては以前から利用していたりするのである程度勝手がわかる気がしています。

そこで、実際に家庭用slackを自分が構築するならどんな機能をつけたいかということを考えてみたいと思います。

保育所に着いたらお知らせさせる

IFTTTとiPhoneを利用して、保育所に到着したら自動的に通知を送るというのは良いかもしれません。今は嫁様はお仕事お休み中なので基本在宅なのですが、仕事で家にいない時などこの通知があればチビ様を迎えに行ったお知らせになります。

運良く保育所の立地が、普段の生活圏から離れている場所ということもあり、GPS的にバッティングすることもほとんどありません。いけそうですね。

毎朝その日の天気を通知させる

朝は何かと家の中はバタバタしています。朝食の準備や洗濯機をセットしたりとやることだらけです。しかし、朝起きたらアラームを消すと同時にスマホを手に持つことはほとんどで、その時点で通知を確認することもできます。

その際にその日の天気をチェックできれば便利な時もありそうな気がします。洗濯機を回るかどうかの判断に利用できそうですよね。いけそうですね。

スケジュールの30分前通知

余程遠くに出かけることがあれば忘れることもありませんが、ちょっとしたこと(歯医者やお客さんの来訪など)の細やかな時間ってふと忘れてしまうことがあるかもしれません。(まぁ、だいたい家にいるから忘れててもいいんだけど)

そういう時のために、あらかじめ用意してあるGoogleカレンダー内の家族カレンダーに登録してある予定開始時刻の30分前に通知を送るというのも便利かもしれません。いけそうですね。

Evernoteに情報を保存したら通知

チビ様が通っている保育所のお知らせや重要な書類などはEvernoteの共有ノートブックに保存するようにしています。今までは保存しておくだけだったのですが、特定のノートブックに保存した際に通知が送られるというのも便利な気がします。

保育所の情報だけでなく、旅行の予定などもタグで管理できるので、特定のタグがついたら決まったチャンネルに通知を送るというのも便利な気がします。いけそうですね。

特定のメールを受信した場合に通知

我が家は生協を利用しているのですが、生協の注文詳細メールなどが毎週届いてきます。「どんなの頼んだっけ?」というときにとても便利なのですが、こちらも以前まではメールをEvernoteに転送して共有していました。

しかし、そもそもそのメールを受信した際にEvernoteに自動転送し、しかも通知させることによって確認することができますね。これもいけそうな気がします。

まとめ

ざっと思いついたものを洗い出してみましたが、全てIFTTTとMyThingで実現可能だと思います。

しかし、嫁様自体はiPhoneは利用しているもののあまりデジタルネイティブではないのでどこまで導入が進むかはわかりません。しかし、便利かもしれない(というか、ただやってみたいだけ)のでちょっと導入を打診してみようかと思います。