最近読んだお勧めしたい3冊の本(2014年10月)

岐阜県岐阜市でホームページ制作・運営など幅広くお仕事させて頂いておりますOlein Designです。

フリーランスというもの、良いのか悪いのかお仕事の流れにムラがある時期というものがどうしても存在してしまいます(僕だけかも)。しかし、そういう期間や時間も“時は金なり”ではありませんが、大切な時間として使っていかないともったいありません。

僕の場合は、時間を見つけては読書をするようにしています。自分の業種に関係することが多めになってしまいますが、少し離れた分野の話や自己啓発的な書籍、または仕事路線から離れた趣味の本なども意識的に読むようにしています。

これから不定期ですが定期的に、読んでみてお勧めしたい書籍などを紹介していこうと思います。そして、3冊だけ紹介するという制限を自分にも設けたいと思います。これによって少しばかり厳選されることと思います。もしかしたら皆さんに興味をそそる書籍があるかもしれません。よろしければどうぞ。

Twitterという会社の見方が変わりました

僕も日常的にTwitterを利用しています(事業用アカウントとは別ですが)。とても便利なツールですよね。情報収集からコミュニケーション、はたまたお仕事につながったりすることも多々あります。しかし、こうやってお世話になっているツールですが、そもそもTwitterという会社の生い立ちから理念までを考えるきっかけなんてありませんでした。

こちらの本ではそういった内容を垣間見ることができます。そして、イノベーションとはなにか。また、イノベーション脳を刺激されることは間違いないでしょう。この本の興味を持たれる方々はおそらく何かしら刺激をうけることになると思います。

相手あってのお仕事です

フリーランスになってもう少しで2年が経とうとしています。しかし、やっている仕事の内容というのは自己判断ではまだまだで。当然、その瞬間は全力で頑張っているのですが、少し時間が経ってから見なおしてみると、改善点がどんどん出てきてしまうのです。

そして、仕事の進め方、見積もりの伝え方や内容、仕事の内容からその先に繋がるものまで、ちょっと今まで及ばなかった部分を知ったり再確認できたりした書籍でした。

ものづくりイノベーション

小さいころ、夏休みの宿題で色々と工作なんかをやったのはよく覚えています。親に手伝ってもらうことも多かった覚えでは有りますが、小さい頃からラジオを分解したりして楽しかったことはよく覚えています(基本壊すだけですけどね)。

そういった気持ちって大人になって忘れてしまっているだけで、ものを触りだすと思い出したりしてくるものです。そして、そこから生まれるイノベーションもあったり、ビジネスに発展したり、流れは色々と起こるもの、起こすものですよね。そんなものづくりの楽しさやビジネスへ繋げた軌跡を読むことが出来る本がこちらです。

やっぱりものづくりって楽しい。

まとめ

仕事に関わる専門的な本を読んだりもするのですが、ここではそういう路線ばかりの本ではなく、ちょっと見方や考え方を変えてくれる(くれた)ような本を紹介していけたらなと思います。

不定期ですがよろしくお願いします。