フリーランスが仕事がなく手が空いてしまった時にやるべきこと

フリーランスや自営業者として仕事をしていると、たまに抱えている案件や関わっているプロジェクトがまったくない状態という状況が発生することがあります。

蓄えがあるないに関わらず途端に不安になったり何かをしなければと焦ったりすることってありませんか?僕は相日のようにそういった気持ちに陥ります。(案件を抱えていても思う時もあります)そして、そういう焦りがある時こそ、適当に時間を過ごしてしまったり、焦りの中で思いつきで着手してしまい、見返すと何の利益にも結びつかないということをやっていたなんてよくあることです。

そういった焦りの中でも不利益な時間を過ごさない(時間の無駄にしない)ためにはどういったことに取り組むべきかを少し考えてみようと思います。

仕事のサイクルを考え直す

こういった仕事の空きをとにかく少なくしたいと考える場合、現状の仕事受注サイクルを考え直す必要があります。受注方法から販路拡大までいろいろな方法があると思いますが、そういったサイクルの部分を考え直す時間に使うのも有効でしょう。

また、案件を受注してから制作などに必要なリソースの改善に努めるのも良いでしょう。日頃案件で使っているテンプレートやアセットなどの改善や改良を行い、自身の仕事単価を上げていく努力は常に必要ですね。

ブログを書く

僕もそうなのですが、ブログやホームページからのお問い合わせが無くはないです。もっと制作案件などを載せて分かりやすくすればもう少しお問い合わせも増えてくるのかなと考えるところもありますが(載せられない案件もありますので)、ブログの記事を読んでお問い合わせをいただく流れも十分に受注につながる可能性を秘めています。

そのブログへの検索流入を増やすためにも、内容の濃い読者のためになる記事(コンテンツ)を提供していくことはとても有益な時間の使い方でしょう。

僕も時間のある時にはアウトプット(ブログ執筆など)を。また、そのためのインプット(読書やインターネットなどでの情報収集)を欠かさず続けていかなければなりません。

仕事以外のことをする

これは焦りがあるときにはなかなかうまくできないかもしれませんが、そういう場合でない方であれば十分取り組んでみる価値のあることです。

いつも仕事ばかりしていて、仕事に関係する情報にばかり接していると、どんどんと思考も固まり柔軟な考え方ができなくなってきます。そうならないためにも、普段接しないものに接してみたり、普段やらないことをやってみたり、普段行かない場所に行ってみたりしてみます。

すると、とても新鮮な体験をすることができます。自覚がなくても脳にも身体にもとても好影響を与えてくれます。俗に言うリフレッシュというものです。

こういった機会を定期的に作ることで、オンオフをはっきりとさせることもできますし、オンがオフに、オフがオンに生きる好サイクルが生まれてくるでしょう。

僕の場合

僕の場合はとにかく不安に陥ってしまいます。そして、過去の自分を振り返って至らなかった点などを洗い出しながら、その後どうしていったら良いかを考えます。

そういう状況でよく行うのは、新しい企画を作ることです。

僕が最近考えている企画は「もっと小規模・中小企業さんがホームページを導入しやすくするためにはどんなサービスがあれば良いか」ということを考えています。

これはとても難しい問題で、なかなか万策というのが見当たらないんですが、あっちを解決してこっちで問題が起こり…の繰り返しかもしれませんが、いろいろな条件(価格や内容など)でサービス内容を考えてみては潰して改良して、を繰り返しながらブラッシュアップしています。いつか日の目を浴びられる企画が出てくることを祈るばかりです。

まとめ

そもそも、このような状況に陥らない運営というものが大切なのかもしれませんが、実際にこういう状況は想定出来得ることです。

そういった場合に、時間を無駄にせず次のステップに生きる行動をすることがとても大切だなと考えています。

そして、絶賛お仕事を募集しております!