制作者としてできること

オレインデザインを外部制作パートナーとしてご利用をお考えの方に向けたページになります。

このページでは、オレインデザイン(久野 晃司)がWeb制作者としてどんなことができるのかをご紹介させていただきます。

制作環境

制作環境は以下の通りです。

主な作業場所自宅内作業専用部屋
使用パソコンMacbookPro 15inch
MacOS : 10.14
モニター : iiyama ProLite 27inch × 2
Windows動作環境はMac内Parallelsにて確認
使用ソフトAdobe Illustrator CC
Adobe Photoshop CC
Adobe After Effects CC
Adobe Premiere CC
Phpstorm(メインIDE)
Atom
Brackets
Prepros
主なコミュニケーションツールSlack
Chatwork
Skype
対応可能言語HTML
CSS(SCSS)
JavaScript(jQuery)
PHP(WordPressにて使用)
Ruby(学習中)
Rails(学習中)
Vue.js(学習中)
React.js(学習中)
Python(学習中)

コードについて

私がどのようなコードを書くかは、GitHubをご覧いただいた方が一番早いかと思います。

開発の流れ

WordPressの場合は、Local by Flywheelで作ることが多いです。その後、npm-scriptの必要な設定を行い、開発環境を整えます。

その後、実装に入りますがWordPress案件の場合は、デザインをマークアップしてそのままWordPressテーマ化してしまいます。マークアップだけを行い、その後テーマ化するという流れは取っておりません。

適時GitHub(案件の場合はPrivate)にソースコードをアップして、バージョン管理を行なっています。

静的ウェブサイトのフロントエンド開発の場合には、同じようにnpm-scriptで開発環境を作ることもありますが、クイックにスタートしたい場合にはpreprosなどのコンパイラを利用することもあります。適宜対応方法は考えています。

ホームページのお話しませんか?

気楽にカフェや喫茶店で雑談するくらいの雰囲気で、あなたのホームページのお話をしませんか?