WordPressを活用してウェブサイトを立ち上げようとされている初心者の方へのアドバイス例

  • ブックマーク
  • -
    コピー

先日、WordPressを活用したウェブサイトの立ち上げや運営についてのご相談をいただきましたので、その流れを簡単にご紹介します。

「へぇ、こんな相談してもいいんだぁ」「そんなことまで話してくれるんだぁ」と、気軽に使っていただけると嬉しいです。

ご相談までの流れ

簡単にご相談までの流れをご紹介します。

まずは、ご相談要望をサービス紹介ページのフォームよりお送りいただきます。

そちらでは、ご相談を実施する方法と希望日程に関する情報もいただきます。オンラインで実施する方が若干安価になっています。実施会場までの移動費用が発生しませんのでおすすめです。

形式と日程が確定したら、ご請求書をお送りいたします。原則、ご相談は事前お支払いとなっております。ご対応をお願いします。

最後に、当日ご相談されたい内容を、箇条書き程度でも資料付きでもどんな形でも構いませんので、事前に共有をお願いしております。ご相談時間を無駄にしないための取り組みです。ご協力をお願いいたします。

実際にあった相談のやり取り例

では、実際に過去にお受けしたご相談の中から、代表的なやり取りをご紹介したいと思います。

相談者

〇〇というテーマを使ってホームページを作っているけど、全然思い通り(イメージ通り)に作れない。どうしたらいい?

というご相談の場合は、

久野

知らないテーマの場合は、そのテーマの概要を調べます。その上で、GPLライセンス違反のプロダクトの場合は、皆さんに無料で利用してもらえる仕組みであるGPLライセンスの概要をお伝えします。

そして、強くGPLを守ったプロダクト、欲を言えば100%GPLライセンスを定めているプロダクト(テーマはプラグイン)のご利用を勧めます。


相談者

今使っているWordPressはクラシックエディタが使えるので、今後もクラシックエディタを使えるようにしたい。

というご相談の場合は、

久野

クラシックエディタは2021年内で開発がストップするというアナウンスがされています。ですので、今後クラシックエディタを使い続けることはできる可能性はあるが、機能追加などでより便利に使えるようになることは期待できません。

ですので、その時間と体験を重ねるのであれば、多少学習コストは必要になりますが、ブロックエディタの導入もしくは移行をお勧めします。


相談者

どんなプラグインをいれたら良い?

というご相談の場合は、

久野

プラグインとは機能を追加するものです。そして、その求める機能は人によって変わってきますし、細部についてはさらに要望は異なってきます。ですので、万能なプラグインはありません。

求める機能の詳細をお聞かせいただくことで、その情報を元に最適なプラグインをご紹介することは可能です。


相談者

ウェブサイトを作ってもらうことはできますか?その場合、どれくらいの予算が必要ですか?

というご相談の場合は、

久野

ご依頼いただくことは可能です。その際には、どのような理由(目的)でウェブサイトをお求めなのかをまずはヒアリングさせていただきます。

そして、その目的とご予算を元に、どのような方法で目的を実現していくかの提案をさせていただきます。

ざっくりですが、単純に最低限のページのみでサクッと作っても15万円〜30万円という費用感を持っていただければ良いかと思います。

他にも様々なご相談をしていただけます

上の例はあくまでも例ですので、様々なご相談を承ることができます。オレインデザインでは、様々な状況にあるウェブサイトをお求めの方々に、最終的には両者ウィンウィンになる関係を作ることを大前提に、幅広いサポートを行なっております。

なんでもご相談くださいませ。

お客様の声

オレインデザインにご依頼いただいたお客様(個人・法人含む)からの声を紹介しています。

  • ブックマーク
  • -
    コピー