wp_body_open() を使ってbody開始タグのすぐあとにソースコードを簡単に挿入する方法

  • ブックマーク
  • -
    コピー

WordPress5.2より追加されましたwp_body_open()というテンプレートタグを使って、<body>タグのすぐ後にソースコードなどを挿入する方法を紹介します。

何をするためのテンプレートタグ?

主に<script>〜</script>のようなスクリプトを<body>タグのすぐ後に挿入したいということはよくあったと思います。Facebookのスクリプトとかもそうですよね。他にも色々と<body>タグの後に入れたいものはあるはずです。

そういった場合、今までは子テーマでテンプレートファイルの上書きをしなくてはならなくなるので、ちょっとアレですよね…。functions.phpで処理を完結できるのはうれしいですよね。

そういった問題を解消する意図があるような気がします。

ソースコード例

簡単ですが、こんな感じで利用することができます。functions.phpなどに書けば使えます。

/**
 * bodyタグ開始に挿入
 */
add_action( 'wp_body_open', function() {
	?>
	<!-- ここから挿入したいソースコードなどスタート -->
	・・・・・
	<!-- ここまで -->
	<?php
});

これで<body>のすぐ後にソースコードなりを簡単に挿入することができます。

ぜひお試しくださいませー!ではまたー!

お客様の声

オレインデザインにご依頼いただいたお客様(個人・法人含む)からの声を紹介しています。

  • ブックマーク
  • -
    コピー

この記事を書いた人

久野 晃司

岐阜を中心にWeb制作全般のお仕事をしているフリーランスです。趣味はサッカー・F1観戦。英国プレミアリーグ、マンチェスターユナイテッドを長年愛しています。英国滞在歴2年、日常英会話くらいは大丈夫です。20ヶ国以上列車で単独周遊してきました。WordPress大好きです。Gifu WordPress Meetup共同オーガナイザー・CoderDojo岐阜チャンピオンなどの活動もしています。