MacBookPro 15インチ 2013 Late がバッテリー膨張してきたので対処してきた

メインの制作用マシンとして現役バリバリで使っていますMacBookPro 15inch 2013 Lateなんですが、最近ちょっと膨張し始めていたんです。

1ヶ月前から薄々気づいてはいたのですが、なにかしら対処することもなく、仕事で使う分には全く支障もなかったので放置していました。

というのも、基本的に家で作業をするので、MBPはスタンドに設置されたままで、外部モニター2つやスピーカー、外部キーボードなどを接続して使っています。なので、単品で使うといったら、出先やコワーキングに行った時くらいなんですよね。

月曜日にコワーキングに少し寄った際にMBPを触っていたんですが、やはり気になる…。簡単に言うと、机の上に置いてMBPの角を押すとパタンと傾く感じです。要するに背面部分が極端に膨張しているということなんですね。それに加えて、キーボード側も膨張してきているらしく、トラックパッドの操作がうまくできないようになってきていました。なんかクリックしようと思っても、めっちゃ強く押さないとクリックできない。そんな感じになっていました。

こうなったらちゃんと修理するしかない!と思い、岐阜市からアクセスすることを考えて修理サービスを行っているオフィシャルの窓口を探してみたんですが、最寄りのモレラ岐阜では、公式の販売店はあるけど修理サービスは全くやってないみたいでした。(修理サービス自体予約できなかった)

http://c-smart.jp/access/gifu/

次に最寄りなのがビックカメラ名古屋駅西店だったので、そちらを予約して向かいました。でも、そこで初めて知ったいろいろな事実もあったわけです。

http://www.biccamera.co.jp/apple/nagoya/

まずはビックカメラ名古屋駅西店へ

こちらに昼前に予約を入れて向かいました。とても丁寧な対応をしていただけました。しかし、

「基本的にMacの店頭修理は行っていない」という事実が発覚。こちらで修理をお願いするとなると、アップル修理センターに送ることになるので、お預けでの修理となります。んー、それは辛い。仕事で使っているメイン機なので。

僕はこの時点で、この店舗では修理ができないだけと理解していたんです。そこで、修理するための部品の在庫がアップルストア名古屋栄店にあるかどうか、電話で確認してもらいました。すると、

「店舗に来てもらわないと返答ができない」とのこと。ビックカメラの店員さん曰く、「今在庫の有無を伝えても、来店までにあるかどうかを保証ができないので答えられない」という返答でした。なので僕は「んじゃ、すぐ行くわ!!」ということで、アップルストア栄店へ向かいましたとさ。

アップルストア栄店に到着

アップルストア栄店に到着して、とりあえず受付を済ませて対応してくれる方を待っていました。突撃しても20分くらい待ってるだけでなんとかなりました。平日だったからかな?

https://www.apple.com/jp/retail/nagoyasakae/

そこでMacの担当の方が見えていろいろとここまで来た経過を話していたんですが、そこでわかった事実は、

  • 店頭では基本修理できない
  • パーツを取り寄せて修理できたとしても最短で48時間必要なので、即日修理とかは無理
  • お預けで修理なら最短3〜4営業日でできそう

そもそも、アップルストアの店頭で修理を行うことは基本できない。できたとしても即日渡しは無理。ということ。これは、Macなどに関してなので、iPhoneなど他のデバイスに関してはこの通りではありません。待っている間、目の前にいくつもの画面が割れたiPhoneを持ってきていた人のやり取りを聞いていたけど、基本即日渡しで画面修理していたっぽい(ガラス部分の取り替えだけやけど)。

お店にパーツを用意してもらって修理を行うとしても、再度来店しなくてはならないというのがとてもストレス…(電車+地下鉄とかすごい疲れる)。

結果:お預けで修理をお願いしました

結果としては、パーツが届き次第再度来店して修理をお願いして〜というよりも、お預けで修理をお願いしたほうが最短だし、金曜日だったので週末をはさんで週中くらいには戻ってくる感じなので、思い切ってそうすることにしました。

ですので、来週水曜日くらいまではあんまりお仕事できません!!!

実際には、iMacを作業場に引っ張り出してきて作業はできるので、仕事に大打撃ということは全然ありません。というか、そんな切迫した仕事がないので、2〜3日ぽかっと休んでも全然問題ないくらいに暇なんですよね〜。(言いたいことわかりますよね?よね?)

ということで、半日かけてアップル公式代理店をはしごした挙句、お預け修理という結果になりました。

昔のMacとかのバッテリーの感覚だからいけないんですね。昔は、底についてつバッテリーを外して変えればよかったくらいの時代ですもんね。今はもう…

ちなみに、MacbookPro 15inch 2013 Lateなんですが、バッテリーはキーボードと一体となっているらしく、キーボード自体も交換となるようです。費用は公式ページにも書いてありますが、¥19,800+taxという感じです。

https://support.apple.com/ja-jp/mac/repair/service

個人的にはあと1年くらいは頑張ってほしいのと、仮に新しいMBPを買ったとしても、こいつは家庭用になるのでいずれ修理が必要になるということから、こういう形ですが修理に出すことにしました。

とりあえず一件落着。


あと、預ける前にいろいろとチェックしてくれるんだけど、今までのバッテリーフル充電の回数とかも見てくれるの。なので調べてるの見てたら、僕のMBPは200回もフル充電してなかった事実。

というのも、普通5年くらい使ってたら1000回は超えてても普通らしい。そこが極端に少ないという点からしても、自宅でスタンドに置いて使ってるスタイルであるということはよくわかるんだって。あと、バッテリー自体の劣化自体はほとんどなかった。けど、膨張はしてるので交換するっていう感じ。バッテリー性能には問題なかったらしい。奥ゆかしきバッテリ事情。

この記事を書いた人

久野 晃司

WordBench岐阜モデレーター。岐阜を中心にWeb全般のお仕事をしているフリーランスです。趣味はサッカー観戦。専門は英国プレミアリーグ、マンチェスターユナイテッドを贔屓しています。英国滞在歴2年、日常英会話は大丈夫です。20ヶ国以上列車で単独周遊してきました。WordPress大好きです。Ruby on Rails・プログラミング教育に興味があります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします